陶器の街へ!

ナマステー!インド担当Yです。
新年がスタートして早10日。皆さまいかがお過ごしでしょうか (^ ^)

今日は久しぶりの出張報告。陶器の街へ行ったときのお話です。

昨年の冬、インド・ウッタルプラデーシュ州にあるインドの陶器の一大生産地に行ってきました。

さっそくお店を覗いてみると、並んでいたのはインドの食卓の定番、アチャール(漬けもの)入れ。

ぽってりした形がかわいいですよね。
花瓶やお皿など一般的な陶器のほかに、インド門もありましたー!

インド門は首都デリーにある高さおよそ40メートルの門です。知名度は低めですが、実物はとっても立派で、インド担当Yの世界三大かっこいい門のひとつに名を連ねます。

2階に上ってみると、なんじゃこの造りはー!

しかも完全にすり抜ける幅のお皿なんか置いて、、、(^^;

高所恐怖症の同行インド人スタッフはそそくさと一階に下りていきましたが、こうなってくるとむしろ一階のほうが危険な気が、、、笑

工房にもおじゃましました。

手描きで絵付けして窯で焼きます。

突然ですがここでインドカルトクイズ!ジャージャン!

Q このお兄さんは何を作っているのでしょーーーか!

まずは粘土を型にはめこみ、機械をぐるぐる回して圧力をかけ、形を作っていきます。

マドレーヌのような最中のような、、、じゅるり (^q^)

しっかり乾燥したら、絵付けして窯でやきます。

そして金具をはめたら、、、

大人気!陶器のノブの完成です (^o^)

机の引き出しや戸棚のノブをこれに変えるだけで、見慣れた家具が大変身!
壁にランダムに取り付けて、アクセサリー掛けにするのも良いですね♪

こちらは全国のマライカのお店で好評販売中です。値段はひとつ180円。たくさん買って気分で付け替えるのも楽しいかも!
冒頭にでてきた、素朴さがかわいいアチャール入れもあります。ぜひ店頭でご覧ください。
(※一部お取り扱いの無い店舗や、人気商品のため売りきれの場合もございます。ご了承くださいませ。)

新しい年の始まり。目の前に広がるまっさらな時間に何かを始めるなら、まずは身近なもののD.I.Yはいかがでしょうか。日々の暮らしを大切に、今年も一歩ずつ進んでいきましょう (^o^)

それではまた次回です!フィルミレンゲー!(またお会いしましょう!)

 

 

ナウワーシュ ムバーラクホー☆2017

ナウワーシュ ムバーラクホー!メー Y フーン!(新年明けましておめでとうございます、インド担当Yです!)

あっ!これはYではなく、インドの工場長が手づかみで捕まえて見せてくれた野生のオウム(体長約30センチ・メス・凶暴)です。今年はとり年!と思って鳥の写真をさがしたら、これ OR タンドリーチキンの写真しかなかった、、、

オウムはこのあと無事に大空に帰っていきましたのでご安心を Λ(^θ^)Λ

 

さて、2017年。今年もまたインドのいろいろな場所で素敵なアイテムと出会って、それがマライカに来て下さるお客さまの手に渡り、感動できたり、クスっとできたり、一緒に楽しい時間や思い出をつくってもらえますように。皆さまの暮らしにささやかでも色どりを添えることができるなら、インド担当Yはたとえ昨年のように洪水にあっても(8月)犬に噛まれても(3月)、笑顔が止まらない、踊るココロ止まらない、動き出すよ君のもとへ、走れ!走れ!走れー!と、インドのどこにだって飛んでゆけるのです Λ(^θ^)Λ

 

2017年が皆さまにとって希望あふれる明るい一年になりますように、、、☆

そして、本年もマライカとインド駐在ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 

それではまた次回です。フィルミレンゲー!

 

インドのクリスマス☆

ナマステー!インド担当Yです。

もうすぐクリスマス。私が住む地域ではクリスマスのことをすっかり忘れてしまいそうなほどクリスマスムードがありません (^^;

でも、比較的キリスト教徒の多い南インドではクリスマススターを飾って、クリスマスをお祝いする習慣があるんです!

紙でできた星型のランプシェードは軒先に飾られます。夜になると灯りがともって、とてもあたたかい雰囲気に (^ ^)

こちらは、そのランプシェードやクリスマスグッズを売るお店。

クリスマスとはいえ、ここはインド、、、ネオンカラーがまぶしい !

南インドの南国感がにじみ出てるー(^o^)

 

教会もほかの地域に比べるとたくさん見られます。

この景色、いつものインドじゃないみたい!

多民族・多言語・多宗教国家のインド。国内を移動するだけでまるで外国に来たような気分が味わえちゃいます (^ ^)

 

それではまた次回です。フィルミレンゲー!

 

ガラスの街へ☆

ナマステー!インド担当Yです。

相変わらずからっと晴れて気持ちの良い天気のインド。
そして相変わらず紙幣切り替え問題のどたばたは続いています。

銀行の前には長蛇の列。というか、これはもう人だかり!

img_4055

なんせ人口が日本の10倍ですからね、交換する紙幣も10倍、並ぶ人も10倍、行列の長さも、、、(^_^;

でもちょっとだけ良いこともありました。
新紙幣が不足しているので、高速道路の料金が期間限定で無料になっていたんです。

無人の料金所を通るときは、車内のみんなで

「せーのっ、We are free ! (おれたちはフリーだ!)」

と叫んでいました\(^o^)/ 笑

全インドの皆さん、のん気なインド担当ですみません、、、

 

さて先日のこと、デリーの東・ウッタルプラデーシュ州に出張にいってきました。

そこは伝統のガラス細工や工芸品の街。昔ながらの吹きガラスやリサイクルグラス、日用品のチャイグラスからおしゃれなワイングラス、さらには豪華なガラスのシャンデリアまで。なんでも揃う、インドのガラス製品の一大生産地でもあります。

こちらは「チュリ」と呼ばれるカラフルなガラス製の細いバングルを運ぶ様子。これが特に有名なのだそう。

img_4049

img_3913

細いガラスのバングルは割れないようにこうして人力で運ばれていきます。このあとビーズやラメで細工をすればインドの定番キラキラバングルの出来上がり (^o^)☆

 

マーケットを歩いていると、いろんな看板が目に入ります。

ここはどうやらペット用の薬局のようですが、、、

fullsizerender

看板には『牛・ヤギ・犬・水牛・子牛・牛の親子・犬』

って、めっちゃインドっぽーい!!

 

それではまた次回です。フィルミレンゲー!

 

 

歴史的大事件!

ナマステー!インド担当Yです。

ディワリを終えたインド。朝晩の気温は15℃位まで下がるようになりました。日中はまだ30℃近くあるもののからっと晴れて過ごしやすく、ベストシーズンを迎えています。

そんな中、先週まさにインド人もびっくり!いや、インド国民全13億人がめっちゃびっくりしたー!な大事件がありました。

11月8日の午後8時過ぎ。モディ首相が突如、「インドは新紙幣を発行します!よって、高額紙幣の500ルピー札、1000ルピー札は本日をもって使用停止、明日から一切使えなくなります!」と発表したのです。

本日って、本日って、あと4時間しかないじゃーーーん!!

その目的は汚職、ブラックマネー、偽札、テロ対策とのこと。特に国外に持ち出された高額紙幣(偽札を含む)が武器に変えられてテロの温床になっているのが問題視されたようです。

「モディさん、わたしの手元にある4000ルピーはブラックマネーじゃないんだー!」と叫びそうになったインド担当Yでしたが、旧紙幣は年内に銀行に持っていけば一度預金をした上で新紙幣に交換でき、インドに口座を持たない外国人もパスポート持参で銀行に行けばちゃんと交換してもらえるそうです。

とはいえ、これを日本に例えるならば、夕食をおえて家族でイッテQを見ていた午後8時過ぎ、安倍首相の会見が始まりチャンネルを変えると、明日から一万円札と五千円札が使えなくなると突然の発表。家族一同、えーーーっ!!ですよね (^_^;

これは不満爆発の大混乱になるぞ、、、と思いきや、銀行で4時間以上並ばされても、新紙幣の発行が遅れて大量の100ルピー札を持ち歩かなきゃいけなくても、現地の人々の反応は「さすが俺たちのモディー首相、やってくれたぜっ!!」と、その政策を好意的にとらえる人ばかり。むしろこの歴史的大事件を楽しんでいるようにみえるのは私だけ、、、?
予測不能な事態がおこりやすく、明日は明日の風が吹く!を地で行くインドの人々の底力を感じます。

そしてこの一件で、家のいろいろなところから奥さんたちのへそくりが大量に出てきたとか!

もちろん実際には使える現金を手に入れるために奔走したり苦労している人がたくさんいて、それはしばらく続きそうなのですが、それでもわたしの周りでは予想したほどの大混乱はなく、みんなそんな笑い話をしながら日々を過ごしています (^_^)

ちなみにこちらが新紙幣2000ルピー。

fullsizerender

右向きのガンディーさん!なんだか新鮮 (^o^)

 

それではまた次回です。フィルミレンゲー!

 

ついにアイツがやってくる!

ナマステー!インド担当Yです。

スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋、、、そして忘れちゃいけないインド映画の秋!
つい先日も東京と大阪で年に一度の「インディアン・フィルム・フェスティバル」が開催されていました。

今年もシャールク・カーン、サルマン・カーンなどボリウッドスターの映画で盛り上がっていたようですよ。

そして忘れちゃいけない三人目のカーン、、、

そう、ついにアイツがやってくるんです!

img_3597
『pk』のアーミル・カーン!!

(pkへの熱い想いを綴ったブログはコチラから → 『pkがやってくる!』)

アーミル・カーンだけじゃない、
アヌーシュカ・シャルマのベリーキュートなショートカット、
サンジェイ・ダッドの渋さ、
世界中が笑って泣いた!ラージクマール・ヒラニ、、、最高かよ!最高だよ!!

はっ、、取り乱しました。インド担当Y、もう興奮をおさえきれません。

10月29日全国公開です。
皆さん!今週末はお近くの映画館へレッツゴー (^o^)/

 

◎映画『pk』公式サイト→http://pk-movie.jp/

 

楽しみだね、ナン子ちゃん!

「ナマステ~!!」

00001713

※ナン子ちゃんはインド映画を応援する、ナンのリアルさが魅力的なゆるきゃらです。

 

それではまた次回です!フィルミレンゲー!

 

インドリネンと大洪水

ナマステー!インド担当Yです。

長いトンネルを抜けると雪国であった。

ならぬ、

長い夜を抜けると水上であった、、、!!

fullsizerender

夜行列車で目を覚まし、窓のカーテンを開けると辺り一面こんな景色が広がっていました。

8月はビハール州にも行ってきたのですが、こちらもなんと17年ぶりの大洪水!
大雨を呼ぶ女、本領発揮です、、、(^_^;

インド北東部にあり北はネパール国境と接しているビハール州。
ブッダが悟りを開いたとされる、ブッダガヤがあることでも知られています。

今回の出張の目的、それはビハールの手織布!
ここはインドリネンやシルク等、手織物の一大産地なのです。

幸い目的地の駅付近までは水は来ていませんでした。さっそく職人さんの元へレッツゴー!

ビハールの街を走るオートリキシャー。デコオートっぷりがかわいいですね (^o^)♪

img_9757

街のいたるところで、昔ながらの織機を使って様々な種類の布が織られています。

img_0669

img_0673

 

MALAIKAのお店にはビハールで作られたインドリネンの商品がたくさんありますよ♪

◎ビハールリネンブラウス 11,900 yen

000000014445_1

gibl660w-08-m

 

◎ビハールリネンワンピース   11,900 yen

0000000144462

000000014446_2

ビハールの手織りのリネン生地で作られたロングブラウスとワンピース。秋冬の深い色合いとリネン100%ならではの光沢感…!これはリネンでしか出せない風合いです (^ ^)

 

◎リネン無地ストール 2,900 yen

0000000119192

000000011919_3

 

◎リネンストライプミックスストール 2,900 yen

0000000119202
000000011920_3

こちらもビハールの手織りリネン100%。使い込むごとに味がでるのもリネンの魅力ですよね 。季節の変わり目に大活躍のアイテムです。

これらの商品は全国のMALAIKAのお店とONLINE SHOPにて好評販売中です。上質なリネンとともにさわやかで心地よい秋をお過ごしください♪

(※一部お取り扱いの無い店舗や売りきれの場合もございます。ご了承くださいませ。)

 

そして、今回ビハールにきた最大の理由。

それは、、、

新たなリネンシリーズのプロジェクトが進行中なんです!
とっても素敵なサンプルが仕上がって、今からわくわくが止まらないっっ!!

来年の春をお楽しみに\(^o^)/

 

それではまた次回です。フィルミレンゲー!

 

運命の出会い☆ビンテージ雑貨&家具

ナマステー!インド担当Yです。

先月のこと、再びジョドプールへ仕入れの旅に行ってきました。

車でジョドプールに近付くにつれ、だんだんと真っ黒な雲が広がって空は怪しげな様相…。
そのうちついに雨が降り出し、現地につくとさらに雨は激しさを増し、ザーザー降りを通り越して、ドォードォーという滝のような大雨に。

そして翌朝の新聞がこちら↓

IMG_2906

砂漠エリアのジョドプール、40年ぶりの大洪水だそうです (^_^;

そういえば、デリー出張のときに大雨で市内全域が大停電になったこともあったっけ…。

インドで大雨を呼ぶ女、インド担当Yでございます。

 

今回のミッションはオーダーの進行具合の確認と新しい商品探し、そしてビンテージの雑貨や家具選びです。

幸い翌日は雨も止んで曇り空。さっそくジョドプール・ビンテージ雑貨ツアーに出発です!

広い広いジョドプールの雑貨屋さんの倉庫。インド全土から集められた様々な商品が所狭しと並んでいます。

IMG_0334

どこかのおうちで使われていたであろう、昔ながらの錠前や、

IMG_0290

どこかで祈りを捧げられていたであろう神様たち。

IMG_0293

どこかの店先で何かを測っていた重りに、

IMG_0319

どこかの街で誰かの大事な手紙を預かっていたポスト。

IMG_0324

並んだおじさんたち、みんなこっち見てる、、、古いペイントのボックス。

IMG_0331

細工の美しい、ラバリ族の家具もあります。

IMG_0310

 

そして、こんなものもありました。

IMG_0313

人を運ぶ、やぐら。時代劇でよく見るあれです!よく見ると、鳥や動物のいろいろな楽しい細工が施されていてとってもキュートなつくり。どこかの宮殿で小さなプリンセスが乗っていたのかな~(^ ^)

そんなこんなで昼ごはんを食べるのも忘れて倉庫を歩き回ること6時間。想いを馳せていただけじゃないインド担当Y、目を凝らして電卓片手に、皆さまにお届けしたい素敵なアイテムをしっかり選んできましたよ!

それぞれに違う、すべて一点もののビンテージの家具や雑貨たち。時間を越え、海を越え、はるばるマライカのお店にやってきます。

もしひと目見て気に入ったのなら、その出会いは運命とも呼べるでしょう。

味わい深い逸品をぜひ皆さまのおうちに迎えてあげてくださいね (^ ^)

 

それではまた次回です。フィルミレンゲー!

 

 

今年もこの季節が・・・☆

ナマステー!インド担当Yです。

先月のリオオリンピック。皆さま、時差にも夏の暑さにも負けず、ご覧になりましたか?

インドは熱戦の末、女子レスリングで銅メダル、女子バトミントンで銀メダルをそれぞれひとつずつ獲得しました!

序盤はなかなかメダルに手が届かなかったチームインド。初めてメダルを獲った瞬間の

「リオオリンピック、トゥーサウザンドシックスティーーーーン!インディア ゴット メダァーーーーール!!」

という解説の絶叫を聞いて、良かったね~と思わず涙が…

そして、「人生の大きな夢がかなったわー!」と満面の笑みで答えるインド選手のインタビューを見てまた涙…

スポーツって、オリンピックって最高ーー!と2020年の東京オリンピックが俄然楽しみになったインド担当Yでした (^ ^)

 

さて、そんなオリンピックの最中にインドではお祭りがありました。

突然ですがここでインドカルトクイズ、第2問!ジャージャン!
8月の満月の日に行われるインドのお祭りといえば?

 

正解は…

『ラクシャーバンダン』です!

ラクシャーバンダンは、姉妹から兄弟にラキと呼ばれるブレスレットを贈り絆を誓い合うヒンドゥー教のお祭りです。(過去のブログはこちらから♪)

先月のラクシャーバンダンをひかえたある日、わたしもラキを買いに出かけました。

IMG_2966

IMG_2965

優柔不断のインド担当Y、たくさんあって目移り…!
贈る相手を想像しながら似合いそうなものをチョイスします (^ ^)

ラキ売り場の横ではメヘンディー屋さんも臨時開店中!

IMG_2972

IMG_2967

インドのお祭りといえば、やっぱりメヘンディーです (^o^)

そんなこんなで迎えた当日、いつものようにラキを持って家族のように仲良くさせてもらっているお友達のおうちへ行ってきました。

今年も親戚一同が集まって大盛り上がり!

IMG_0422

姉妹から兄弟へ。

IMG_0457

いとこ同士でも。

IMG_0417

親友であるワンコ(ジョニー♂2歳)にも!

IMG_0468

ワンコの「もう好きにして~~」という声が聞こえたような気が…笑

たくさんのラキを巻いて子供たちも満足げです (^o^)

IMG_0474

わたしも兄のように慕うお友達にラキをプレゼント!このあとも夜遅くまでおしゃべりしたりご飯を食べたり、みんなでわいわい盛り上がりました (^o^)

私はインドのラクシャーバンダンやディワリなど、ハッピーにあふれた家族のお祭りが大好きです!

話に花を咲かせる大人たち、はしゃぎまわる子供たち。今年もまた、たくさんのいとこと田舎で過ごした子供の頃の夏休みを思い出してノスタルジックな気分になるインド担当Yでした。

 

それではまた次回です。フィルミレンゲー!

 

刺繍の街、ラクノウ訪問記 2

ナマステー!インド担当Yです。

今日は前回のラクノウの旅の続きから (^ ^)

マンゴー畑の渋イケメン(ハート部門)と別れた私たちは、次にラクノウ刺繍を通じて女性の自立を支援するNGO団体を訪ねました。

ラクノウの女性を支援する団体というだけあって、建物の中は女性ばかり!
ボスももちろん女性で、インドの田嶋洋子さんと呼べるようなパワフルな方でした。

室内はまるで女子高のようなわきあいあいとした明るい雰囲気 (^ ^)

IMG_2856

IMG_2865

こちらでは下絵のスタンプも女性がおしています。

IMG_2686

製作中のラクノウ刺繍のサリー。ビューティフル!!(^o^)

ここで女性たちはお給料をもらい、商品を製作しながらラクノウ刺繍の技術を学んでいます。結婚や出産など家庭の事情でここを離れたあとも、習得した刺繍の技術を生かして生計を立てることができます。「手に職がある」ということが女性の独立支援につながっていくそうです。

インドの手仕事の現場は暑くても冷房が無いのが当たり前。なかなかハードな環境が多いので、安全であり清潔、冷房の効いた室内で仕事ができる、女性のことを第一に考えたこの場所がとってもいいな~と思いました (^ ^)

こちらではおもにインド国内向けにサリーやパンジャビスーツを作っているそうです。

私たちも見事なラクノウ刺繍が施された大判の高級ストールを数点仕入れさせてもらいました。

IMG_2687

もはや芸術品です。ため息ものの逸品ばかり、、、!

機械刺繍ももちろん素敵ですが、手刺繍にはその何倍も心惹きつけられる魅力があります。これから始まる秋冬のシーズン、マライカではたくさんのラクノウ刺繍の商品の入荷を予定していますよ。楽しみに待っていてくださいね (^o^)♪

 

それではまた次回です!フィルミレンゲー!